ホーム > お知らせ

彫刻家 丑久保健一 お知らせ

丑久保健一についてのお知らせです。
展覧会の情報や丑久保健一に関する最新情報を随時載せています。
丑久保健一の彫刻作品は、直接みて何か感じ取っていただけたらと思っています。展覧会開催の際は是非お立ちよりください。


丑久保健一 お知らせ・最新情報

 
「お知らせ」から検索
タグ
過去の記事
RSS
管理者
 
12月に入って

IMG_0621.JPG

IMG_0611.JPG

IMG_0614.JPG

Vol.61
真っ白に霜が降り、ざっくりと霜柱が立ち、水が凍る朝が多くなってきました。
張り出してきたブルーベリーの枝に守られて、ボールの上にはまだ霜は降りません。
一番大きなボールのかたちの歪みが目立ってきました。中はもうスカスカかも知れません。割れ目を覗き込むと向こう側が見えたりします。

IMG_0620.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ガラス絵などに囲まれて
Vol.16 2009.11.12

20091110石川三千代様.jpg

唯一のガラス絵「赤と黒のまつり」1999
深沢幸雄、北山泰斗の版画
北山泰斗のガラス絵などに囲まれて

コクリコガラス絵研究所ギャラリー

C市    M.I.
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit

IMG_0579.JPG


IMG_0584.JPG


IMG_0589.JPG


IMG_0594.JPG

Vol.60
空気が乾燥してきました。そんな中での雨は呼吸が楽になってほっとします。
雨は紅葉した葉を地面に敷き詰めていきます。葉を落とされた木々は梢の先をすっと空に伸ばし、輪郭がはっきりとしてきました。
雨の雫を受けて潤い黒々としたボール。墨の黒でもなく、闇の黒でもなく、ぬれた朽木色の黒。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
楡木令子 展  -クロノス-

img032.jpg

img033.jpg

楡木令子 展  -クロノス-

 1999年より“時”をテーマに制作をしています。
私達は、過去-現在-未来を同時進行させながら“今”を生きています。言葉や風土の異なる土地を転々としながら作り続けてきた作品達は、私にとってアルバム写真よりリアルな時間と記憶の集積です。この“時”の感覚を、これまで振り返る機会のなかった過去のドローイングを通して表現してみたいと思いました。

今回の展覧会では、ロンドン時代(1988-92)に描いた未発表のドローイングを中心としたインスタレーションを発表します。(案内状より)

双ギャラリーK3
東京都武蔵野市吉祥寺北町1-2-9
TEL 0422-27-2240

2009年11月14日(土)~12月6日(日)
11:00~19:00(日曜は17:00まで)
月・火曜日休廊
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
繋ぐボール

20091025山田紅様.jpg />

Vol.15 2009.10.25

今年、いつだったか、山口県周防大島の伯清寺に立松和平さんが
講演にいらっしゃると住職がおっしゃったので、その日、ボールの
持ち主、S.S氏と一緒にお寺にボールを持参したところ、
立松さんがお部屋に入ったら、丑久保さんのボールがゴロンと
待っていたので、とてもビックリされていて「これは どういうこと!」
と驚いていらした様子でした。住職も丑久保さんご存命の時に会っていて、
丑久保さんの作品に大変共鳴されていました。
丑久保さんは、もう居ないですが、彼のボールが彼の意思を継ぎ、次々と
距離をかまわず人と人を繋いでいっているように思われます。
丑久保さん、永遠であれ!

S町    K.Y
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit